売り手市場の今だから「楽な仕事」に転職できる?「楽な仕事」の見つけ方とは

売り手市場の今だから「楽な仕事」に転職できる?「楽な仕事」の見つけ方とは

今は「転職に絶好のチャンス」と思い、思い切って転職活動に踏み出す人が増えています。

 

転職の理由はさまざまですが、意外と多い転職理由が「もっと楽な仕事に転職したい」です。

 

楽な仕事をみつけるコツは「自分にとっての楽」をハッキリしておくこと

「転職して楽な仕事に就けた」という人は、転職に成功した人と言えるでしょう。

 

自分が求めていた仕事に移動できたということは、よかったことなのです。

 

「楽な仕事」と一言で言っても、「楽だ」と感じるポイントは人それぞれ違います。

 

体力に自信がない人は、座ってできる仕事を楽な仕事と感じるかもしれません。

 

また、人付き合いが苦手な人は、一人で集中してできる仕事を楽な仕事と感じることもあるのです。

 

つまり「楽な仕事」に転職するコツは、自分は何を「楽」と感じるのかを知っておくことではないでしょうか。

 

友達に「楽な仕事だから一緒にやろう」と勧められた仕事が、必ずしもその人にとって「楽」とは限らないのです。

 

楽な仕事をみつけたいと思うならば、楽と思えるポイントをできるだけ具体的に出してみるといいでしょう。

 

例えば、とても小さなことでもいいのです。

 

  • 「大勢でいるよりも一人の方が楽」
  • 「必要最低限の会話ですませたい」

 

など、人には言いにくい自分の性格もどんどん書き出してみます。

 

そして、箇条書きにリストアップできたら、優先順位をつけて並べ替えてみるのです。

 

優先順位が高い項目ほど「楽」と感じるための大切なポイントになります。

 

そして、できるだけ多くの項目を網羅できる仕事を考えてみます。

 

ひとり作業が楽と感じ、会話は必要最低限で済ませたいと思うならば、ひとりで黙々と作業をする仕事が楽なのかもしれません。

 

一方、ひとつの仕事だけでは飽きてしまう性格だから、毎日変化のある仕事の方が精神的に楽と考える人もいます。

 

そういう人は、作業的な仕事やルーチンワークが少ない職場を探してみるといいでしょう。

 

リストアップした項目すべてをクリアした転職は難しいでしょう。

 

転職活動をしながら、妥協できる項目はあるか考え、理想と現実のすり合わせをしていきます。

 

楽な仕事を求めることは悪いことではない

転職に「楽な仕事」を求めるということは、怠けているようで「悪いこと」という印象を受けるかもしれません。

 

しかし、楽なことは怠けることではないのです。

 

楽と感じるポイントは人それぞれの価値観によって変わります。

 

楽の反対は「辛い」になりますが、辛い仕事は長続きしません。

 

仕事は、火のように一時的に燃え上がるよりも、水のようにたえず流れ続けることが大切なのです。

 

ただ、一つの仕事を続けていると必ずと言っていいほど「他の仕事に転職したい」と思う日がやってきます。

 

そのとき、「転職したい」と思っているだけなのか、「楽な仕事に転職したい」と思っているのかを客観的に考えてみる必要はあります。

 

なぜならば、同じサイズの服を数年着ていれば飽きたり、サイズアウトになったりするように、会社も同じ会社にいると飽きてしまったり、自分が成長して物足りなく感じるときがやってくるのです。

 

自分の成長が原因で転職したいと思うならば、それは転職によって解決する問題ではなく、会社内でのポジション移動や昇進のタイミングなのかもしれません。

 

一方、転職して「楽な仕事に就きたい」と思うならば、今の仕事と自分の性格があっていなくて「辛い」と感じている可能性もあります。

 

「楽になりたい」と思うということは、辛いという現実の中にいると言い換えることもできるのです。

 

仕事を変えることは逃げることではありません。

 

辛い状況から抜け出すことが「楽な仕事への転職」ならば、それは立派な転職の動機になるのではないでしょうか。

 

楽な仕事を探すなら転職サイトよりも転職エージェントを活用

自分が楽だと感じるポイントをしっかりとリストアップしても、それを叶えてくれる仕事をみつけられなくては意味がありません。

 

転職活動をするとき、転職サイトや転職エージェントはとても役に立ちますが、楽な仕事を探すならば転職サイトよりも転職エージェントのほうがいいでしょう。

 

なぜならば自分にとって「楽な仕事内容」かは、パソコン画面の文字だけでは読み取れないことがあるからです。

 

例えば、人付き合いが苦手で「ひとりでできる仕事」を探している人は、仕事内容よりも職場の雰囲気や同じ仕事をする社員の人数、仕事の流れなどが気になるはずです。

 

しかし、転職サイトには待遇や仕事内容については詳しく書いてあるけれど、雰囲気までは伝わってこないことが多いのです。

 

「ひとりでできる仕事」を求めている人にとっては、転職サイトに並んでいる「活気ある職場」「仲いい職場」という言葉が重荷に感じられることもあります。

 

一方、転職エージェントは担当者と会話をしながら転職活動を進めることができるのです。

 

転職の動機が「楽な仕事に就きたいから」とはっきり言わなくても、「ひとりでできる仕事がしたい」「給与アップよりも通勤時間を短くしたい」など、採用担当者には言いづらいことをすべて担当者に伝えておくこ
とで、結果的に「自分にとって楽な仕事」と出会える可能性が高くなります。

 

転職エージェントを通して「楽な仕事」を探そうと思うならば、自分の心に正直になり猫を被らず担当者に希望を伝えることが大切です。

 

転職は悪いことではありませんが、回数が増えすぎてしまうと楽な仕事どころか転職自体が難しくなることもあります。

 

1回1回の転職を大切なチャンスにしていきましょう。

TOPへ