海外営業 転職サイト

海外営業の転職に強い転職サイトランキング

海外の外資系企業、特に営業職の転職を希望している人にとって、転職成功の秘訣は、外資系の案件を沢山もっている転職エージェントに相談するのが良いでしょう。私も長いこと転職エージェントとして、海外法人営業などの転職をサポートしてきました。海外営業といっても実際に現地に赴任するものもあれば、日本法人がある外資系に転職する人もいます。家族の事も考えて後者の日本にある外資系企業に転職する人が多いように感じます。

 

外資系のメリットは、年収アップとキャリアアップの2つですので、明確な目的意識を持ってスピーディーに転職するのがコツです。転職エージェントもそういった人材は、懇意にしてくれるので、転職サポートの取り組みが違ってきます。下記サイトを参考に転職を成功させてください。

 

海外での営業募集は最近増えています。

営業の場合、基本コミュニケーションが大事なのでもちろん、英語の能力も求められますが、日本法人での営業をする場合もあるので、その場合は、語学が必要というわけでもないようですね。やっと、日本の景気が上がってきています。といっても先はまだまだ見えませんね。日本の大企業のようなルールがガチガチで縛られた年功序列企業にうんざりしている人は多いと思います。

 

自分も、若手ですが、正直今いる会社は、頭の硬い上司、融通の聞かない営業部隊と嫌なことだらけです。それならばと、最近外資系の企業が気になっているので、外資系企業の募集状況を見てみました。どうやら、景気回復にともなって外資系企業の中途採用は増えているみたいで、特に、輸入販売、代理店系の募集は沢山あります。知り合いも、製品のアフターフォローやメンテをする海外の日本法人の会社に転職しました。

 

なんでも、サービスエンジニアの求人は今増えているそうです。英語力は、中程度必要で、電話やメール程度の対応があるとベストだそうですね。

 

あとは、人気の営業職といえば、医療と製薬ですね。MRなどもそうですが、景気の影響を受けにくい業界なので、採用募集がとても多いです。

 

MRの求人を見てみると、業界の経験を問わないものや英語の能力をさほど重視していないところもあります。そして、年収が高いのが金融系ですね。ファンド経験や金融業会の経験があると外資系金融機関の採用チャンスだと思います。

 

基本的に外資系は、前職のスキルなどが重視されますが、もし未経験であれば、事務や総務、管理部門の専門職などの募集を探すと良いと思います。メールなどでのやりとりが多い所もあるので、英会話はあまり得意でなくても、外資系企業への転職も可能だと思います。

 

ビズリーチの特徴
  • 大卒以上のマネジメント経験者や英語力のある方向けの求人が多い
  • 年収600万円以上からのハイクラス向け求人を得意としている
  • 一流ヘッドハンターが職務履歴を確認し転職希望者を直接スカウト

JAC リクルートメントの特徴
  • 年収600万円から2000万円の求人をメインに扱っている
  • 外資系・グローバル企業・業界大手などに特化した求人情報を持っている
  • 全国に9つの拠点があり、忙しい方向けに電話での面談も行っている

 

 

TOPへ