転職サイト 第二新卒

転職サイトを探す前に。25歳から29歳で転職を考えた第二新卒の人からこんな悩みを聞きました。

  • 大学を卒業したが、自分の希望した会社に入社できなかった
  • なんとなく就職したけど、自分のやりたいことと違っていた
  • 入ったはいいけど、残業や人間関係に困ってる

25歳から29歳で転職を考えた第二新卒の人からこんな悩みを聞くことが多いです。

 

みんな口をそろえていうわけですが、なかなか、こういった事を解決しようと考えるだけで、行動に移せない人が多いです。これは、自分を変えたいと思っていても、今いる現状から抜け出るキッカケがないからです。

 

あなたの性格や人生は、あなた自身が決めるものです。あなたが他人の事を変えることは難しいと思いますが、自分を変えるだけならそう難しくはないはずです。

 

自分の人生について向き合ってみる

「自分の性格だから」「時間がない」「あいつがむかつく」「何で自分がやらないといけないの?」と自分から行動しないで不満ばかりを口にしていても何も変わることもないですし、疲れるばかりです。

 

ゴールが見えないまま間違った方向に進んでいても意味がないと思います。何のために行動しているのか?何のために働くのか?という点をしっかりと自覚してブレない生き方をすること。そして、自分自身で人生の決断をして「環境」「人間関係」を変えてみるのも良いと思います。

 

そして、新しい自分を見つけるために

若い時に、同じ場所にずっといるだけでは、なんの成長も得られない事も多いです。特に、25歳前後から30手前までの転職は、新しい出会いがあったり、新しい自分を見つけるチャンスです。仕事も人間関係も、キッカケ一つでがらりと好転します。

 

私の大学時代の後輩ですが、卒業して、大手企業に入ろうと思ったけど、運悪くタイミングが合わずベンチャーや中小企業に入って我慢した子がいました。

 

実際、私も転職エージェントを何年もやっていると、そういった若手の方に会うことが多いのですが、もう一度、若内に大手でバリバリ働いてキャリアアップしたいという意識の高い人が沢山います。最近では、大手もそういったモチベーションが高く、潜在能力の高い第二新卒を積極的に採用しているので、今の仕事に不満を感じたら一度、転職サイトに登録して転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

 

「やりがい」や自分の仕事スタイルを見直したり、自分にあった職種、条件の良い求人を見つけるためにも、業界に詳しい転職エージェントさんに相談するのがオススメです。

 

第二新卒は、若いという理由で書類審査や面接に通る可能性も高いです。チャンスのあるうちに転職することをおすすめします。

 

有利な条件で確実に転職できるのは、若いうちだけです。30代を過ぎてしまうと滅多な事では転職はできません。

 

>求人情報は、一つではないのでできるだけたくさんの求人情報を見て転職先を決めるのがベストです。よく、転職先を検討したい場合は、2つ程度の転職サイトに登録をするのが良いです。転職の成功確率もあがります。

 

転職エージェントに相談するメリット

まずは情報収集したい場合でも気軽に相談できる

転職エージェントさんは、かなり豊富な企業情報を持っています。もし現状を打破したいなら、一度、エージェントさんに自分の不満を打ち明けてみるのも良いと思います。相談する事で、自分の将来が見えてくることもあります。

 

相談には、専任のアドバイザーが対応してくれる

転職会社に登録したが、軽く受け流されてしまったという人も多いです。type転職エージェントでは、そういったことの内容に専任のアドバイザーさんがいるので、マンツーマンでしっかりと転職の相談に乗ってくれるのが特徴です。

 

30代に有利な転職先を教えてくれる

転職エージェントさんだけが持っている転職先リストというものがあります。会社で働きながら、自分で希望する条件にあった転職先を見つけるのはとても難しいです。かといって、会社を辞めてからの転職活動は焦りや不安が出てくるのでお勧めしません。まずは、今の仕事をしながら転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

 

20代におすすめの転職サイトランキング

自分も過去になんどか求人サイトを使って転職をしたことがありますが、3つのサイトに登録して、3社の転職エージェントに話を聞きに行きました。

 

業界情報や転職エージェントさんの質も見ることができますので、最初の一歩としてはおすすめです。

 

お金はかからないですし、面談後には定期的にメールをもらっておすすめの仕事がわかります。第二新卒は、ポテンシャルを見てくれる事が多いので、スキルも不要ですし、わりと転職活動もスムーズに進みます。さらに年齢も若く、フレッシュな感じがあるため、面接官に気に入られる事が多いです。

 

デメリットが少く、転職のメリットが多いのが第二新卒の特徴なので早めの決断をするのが良いと思います。

 

ハタラクティブの特徴
  • 20代のフリーター・既卒者のための正社員求人情報に特化している
  • ビジネスマナーからサポートしてくれ、正社員採用成功率は80.4%
  • カウンセリング実績数約60000件以上の経験豊富なエージェント
ハタラクティブの総評
公開の求人:約2,000件

得意な業種:全業種
対応地域:東京・神奈川・千葉・埼玉

type転職エージェントの特徴
  • 転職した人の7割以上が年収アップしている実績がある
  • キャリアアドバイザーの9割が転職経験者なのでアドバイスが的確
  • 東京、神奈川、埼玉、千葉に強い
type転職エージェントの総評
求人数:約500件

非公開の求人:約18,000件
得意な業種:IT系・外資系
対応地域:東京・神奈川・埼玉・千葉

マイナビエージェントの特徴
  • 口コミでの評判も高く20代〜30代の転職者から絶大な支持がある
  • 業界や職種の経験者がキャリアアドバイザーをやっている
  • 営業、エンジニア、女性の転職に強い
マイナビエージェントの総評
求人数約:3,000件

非公開の求人数:約18,000件
得意な業種:IT系・営業職
対応地域:全国

 

東京近郊の「25歳前後」の「第二新卒」におすすめ

type転職エージェントは、転職成功確率が高いだけでなく、転職した人の7割以上の人が年収アップしています。転職エージェントはたくさんありますが、信頼出来て満足度が一番高いのはtypeだと思います。実際、求人数は、多い感じではないのですが、typeのエージェントさんが持っている非公開の求人は業界でもかなり多いといわれています。

 

そして、7割の人が満足している理由もここにあって、非公開の求人が給料の高い求人が多いという理由からです。

 

転職サイトを探す前に。25歳から29歳で転職を考えた第二新卒の人からこんな悩みを聞きました。

いまのところ、転職するかは微妙。まだ本気じゃないという場合でも、いざという時のために「転職サイトに登録」しておくと心強いですよ。

 

コラム:やはり意欲は第二新卒が一番

首都圏に強い転職サイトを見ても、中途で転職して来る人が多いです。一番意欲が有るのは、第二新卒ですね。新卒で入ったけど、この業種や業界に向いていなくて未経験からやり直したいという人も多くいます。都内の求人に比べて地方のの求人はというと、こちらもUターン転職などで増えてきてはいるようです。都会の暮らしにあきてしまって、故郷に帰ってひっそり生活するという仕事の選択もあるようですね。あとは、私の友達ですが、30歳を過ぎてモチベーションと給料が下がってしまったので、少しでも待遇が良い東京で転職活動をしていました。

 

その子は、もともと薬剤師だったのですが、薬剤師の需要は高くて、大手の転職サイトに2,3つ登録して結構あっさり転職に成功したと言ってました。看護師と薬剤師は人気があるようなので、売り手市場だからかもしれませんが。転職活動の感想を聞いた所、新卒の面接と違って、どんな実績があって会社にどういった功績を残せるか?という点が重要みたいです。転職エージェントに話を聞いても、中途採用で合格する人は、だいたい自己分析がしっかりできているそうです。それと、私の元上司も都内の中小企業への転職を成功しました。普通中高年って転職が難しいのですが、その上司は経営層のリーダークラスとして転職したといってました。

 

最初は、外部企業の評価が全くわからないといってましたが、MBAの勉強会に参加していたこともあり、そこで学んだ知識が役に立ったとか。システム会社への転職だったのですが、前職の製薬会社での知識をぜひ、システム開発に活かしたいという話をしていました。結局、転職に成功した人を見てると、自己分析ができていて、自分のやりたいことが明確という点に尽きるんでしょうね。

 

その上司は最初転職エージェントが使えないダメなやつということがわかり、直接自分で企業に売り込みにいったので普通の人とはスキルが違うかもしれませんが(笑) 普通は、書類すら見てもらえない会社もあるんですけね。転職初心者は、最初2社ぐらいの転職サイトに登録して、転職エージェントができるかどうか見極めてからでも遅くはないと思います。

page top